本シリーズ1発目2発目と触れてきたが、

3発目に東武鉄道の新伊勢崎駅と

JRと接する伊勢崎駅との間で

「鉄道6両編成のシャトル運行」が

信号設備的にできてしまう件は

個人的にも今だ驚きを隠せないでいるが、

更に、ベイシアIS伊勢崎店跡地に

鉄道往来に際し、未だ未だ可能性を

秘めている点について今日は触れておく。
 
 

1)新伊勢崎21:35→伊勢崎21:38に
  浅草からの特急りょうもう号が走っている。
  2024年3月改正ダイアでは、
  伊勢崎行が「リバティ(500系)」
  翌朝の浅草行が「200系」という事は、
  21:38に伊勢崎駅到着後、折り返して、
  館林(か太田)まで回送されていると言わざるを得ない。

  回送列車の具体時刻は判らないが、
  新伊勢崎21:50頃に太田、あるいは、
  館林行の特急りょうもう号の車両で
  「わいわい帰宅」実現できなくないですか?

  なお、特急りょうもう号の伊勢崎発着は

2)東武鉄道の伊勢崎から最終列車は
  足利市駅経由の館林までと
  桐生線(赤城駅)が共に伊勢崎22:41、
  小泉線(ただし、竜舞駅だけは除く)へは
  1つ前の伊勢崎22:14で館林にて乗り継ぎ
  
  ネタにしたこともあるが、その逆として
  JR両毛線の高崎→小山最終は
  高崎21:42→JR伊勢崎22:11→小山23:23
  が故、その先、JR宇都宮線で宇都宮までは届く。
  秋春制でナイトゲームは減る予測とはいえ、充分な立地。

4)JR伊勢崎から高崎行の最終(23:03)では乗り継げない、
  渋川、安中、富岡方面であるが、
  JR伊勢崎の1本前は21:58と、
  実は、22時台に伊勢崎から前橋・高崎には行けない。
  (と言うか…65分間もの「穴」があるの?→現行)
  更に、新前橋に22:18着,高崎22:28着と
  渋川、安中、富岡に向けては
  「最終1本前」にも乗れそうな勢いだし、
  更には、東京と長野への各最終新幹線にも
  乗れるほどの余裕があり、改善の余地がある。

5)さらに面白いのは「上毛電鉄の最終」。
  JR伊勢崎22:11の小山行最終を桐生駅22:28で降りて、
  徒歩で西桐生駅に向かい22:52中央前橋駅行が良さそう。
  なお、JR前橋周りは上述21:58が前橋22:13だが、
  中央前橋から西桐生行の最終は22:25と忙しく★、
  大胡行の最終は23:05のため、
  伊勢崎23:03では間に合わない関係となる。

6)カインズ本社のある埼玉県本庄方面。
  十王自動車が路線バスを続けているが、
  最終時刻は2024年3月時点で
  平日が21:44、
  土休日+お盆+年末年始は21:27
  JR本庄駅まで凡そ30分とのこと。
  ここの増発は…無理言えないわな。
 
7)その直上6)への補足として、
  JR本庄駅から籠原・上野方面の高崎線へは、
  路線バスの臨時が理想にしても
  上述4)の伊勢崎21:58高崎行に乗ると、
  高崎駅6分乗り換えで上野まで行ける
  最終列車にも接続する構図があります。

 
まあ、2050人口予測に従うのなら
「悪くない立地」だよな。

果たして、いせや創業家
(ベイシア・カインズ創業家)
なT屋氏は気づくのであろうか。
 
これほどまでの、
「公共交通来客をガン無視される」
経営者は聞いたことはない
と書けるレベルと解釈しているもので。