本来は2024年5月1日に始めようとした

ブログ再編の主論、

新カテゴリ[for2050]

この開幕にあたり

一言二言記しておく。
 
 
2023年のクリスマス頃に公表された数字

日本全体の人口(報道:NHK)
2020年時点 1.26億人
2050年予測 「1億人を割る」か割らないか

群馬の人口(報道:NHK)
2020年時点 194万人
2050年予測 152万人(凡そ25%減)

改めて、全国側の報道を見ると
東京都を除いた、46道府県で人口が減り、
最も厳しい予測である秋田と青森県は、
直近30年で40%もの人口減少となる予測。
 
逆に、目下も進んでいる
東京への人口集中が進むと、
合計特殊出生率は更に下がる
というスパイラル

全国の直近5年1.33(NHK別報道)
 
 
言ったは
と公言しているが、その意味では
「当たっている」

一方で
「東京に出た方がベター」に
立ち向かわない限り
群馬の未来は暗い。 
  
 
個人的に、運輸・通信セクターを見てきた身であるので、
その辺から、読みぬいて提言を繰り広げていきたい。