これまで全3回の短期特集でお送りしてきた

宇都宮ライトレールを

「強引に高崎に当てはめてみる」

件であるが、

どうやら「1つの提言」に
結びつけることができそうだ。
 
では、早速。
 
以下、既存以外の駅名や、

運行系統名は全て「勝手称」です。
 
--------------------
系統名:高崎駅南北トラム
路線長:2714m(北線次第で2777mも可能かと)
駅配置・駅間:全7つの停留所、詳細以下

【第1期北端:高崎駅起点937m★】
 ★駅位置の調整次第で1000mピタリも可能かと
東公民館東のゆめ公園前(または、八間道路)
  ↑466m
タカシマヤウェストパーク1000前(または、慈光通り)
  ↑471m
高崎駅(上信0番線脇のJR1番線側)↑北線↓南線
  ↓539m
高崎アリーナ前
  ↓400m(推定)
南高崎(既存)
  ↓538m
琴平神社城南水処理センター※駅位置要検討
  ↓300m(推定)
佐野信号所の本線側のみ停留場(駅)に昇格
(既存:行き違いを可能とする信号所)
【第1期南端:1777m】
ーーーーーーーーー以下、参考ーーーーーーーーー
  ↓515m
(既存、2014年10月開業え?10年前か)
--------------------

特徴と懸念 
1)鉄路は既存、あるいは、スペース残存 ※詳細後述

2)踏切の改修不要(特に「JR側の不要」が当初段階はデカイ)

3)JR1番線の調達、ひいては、貨物会社との調整
 ※あえて「調達」と言う表現にしています。
 
 
これは、配線略図.net様から

JR高崎線の配線図を元手にして、

具体的にどこを通る想定なのか、

以下に図示しておく。

<原図>
20240212-在来線・高崎駅(原図)


<当ブログ管理人による加工後>
 ※加工に際して、Google地図の衛星写真を参考にした
20240212-在来線・高崎駅(加工後)


<北端の鉄道線路末端標識の裏撮りストリートビュー>
 ※ここで末端が故、JR側の踏切にはノータッチ


<参考資料>