横河システム建築の「ホバーレ2」
(リンク先は解説を含むImpress Watch記事)

特に、これを支える要素として「必ずしも露天に

よる太陽光の調達が必須ではなくなったこと」に

当方も着目して、約10年前、

現Gメッセ群馬の建設着手前に

「札幌ドームのコピペ無理だんべ」

と一旦、結論付けて以来、控えてきた、

群馬に「天候:屋内」新スタ論を復活させた。
 
1か月半ほど、思いつく範囲で連載を続けてきたが、

3つほど案を出せたので、明日、日曜日19時★からの

2023正田スタ1万人チャレンジ戦を前に、
(vs栃木、ザスパ勝てば北関東ダービー制覇)

群馬に「天候:屋内」新スタ論2023として、
 
〇と×との短評付きで纏めておく。
 
 ★そもそも、屋内新スタができれば、
  日曜日19時からの試合なんて不要。
  外気温40℃でも堂々と13時、あるいは、
  14時キックオフに移行できる。
  そんな視点で、確認いただければ幸いです。
 
 
まず、1案は…
 
 
 
[2023年1案] 
群馬県民会館(命名権:ベイシア文化ホール)

および、隣接数施設①の建て替え・統合案。
  
 ①→日吉町第1公園、群馬県立図書館、
   前橋商工会議所、前橋市立第一保育所 
   ※更に、若宮町1-4-8(旧FMぐんま)辺りまで巻き込むオプションも?

 〇→当地から、需要を訴える声が一気に起きた

 ×→マイカー依存に弱点、一定の鉄道移行が前提
   (県民会館は全ホール同時使用で3000人
    J1に求められる数値は15000人)
 
 
[2023年2案]
Gメッセ群馬の2期工事

 〇→敷地内駐車場1900台+高崎駅界隈の民営駐車場
   および、新幹線駅から徒歩15分で「県外民は歩ける」。
 ×→高崎市長が蹴球に乗り気ではない(最優先は軟球・野球)
   高崎アリーナの好調ぶりにもに着目したが、
   「溢れて使えない」との声があった地元需要に対しては
   高崎駅東口の労使会館の建て替えを以て対処予定
 
 
[2023年3案]
グリーンドーム前橋の魔改造
 〇→既設丸ごと流用によるコストダウン
   (屋根だけではなく、ラウンジ類・7000近くの個席にも注目)
 ×→競輪・ケイリンの事業整理が必要、屋根高さがギリギリ、
  ピッチ面積的に闘球(ラグビー)は無理かも。
 
 
[2023年4案]
(勝手称)JR磯部駅・信越化学スタジアム
 〇→新幹線駅からJR線20分+徒歩5分
 ×→東毛から遠い、中速・高速道路にも距離あり
 
 
あれ?3案だった筈が!?(自爆)