前半は完全にツイート先行なのだが、

今週発表となった、信越化学工業の


♨圧倒♨

と称すべきものとなった。
 
 
上記リンク(みんかぶ)を出典とすると…


スクリーンショット 2023-04-28 225732

売上高は2.8兆円と、

カインズ・ベイシアグループの

2.0~2.5倍ほどにすぎないのだが、

営業利益→ほぼ1兆円★

経常利益→遂に1兆円を超える

当期純利益→7000億円(1.4倍)

むしろ、営業利益が1兆円に乗らなかった影響なのか
 2023年4月28日の前場は株式売り対象になった



ザスパが頼らない選択肢は無い

…と思うんですが(今回、かなり強気)

増してや♨マークは磯部温泉が発祥地であり、

例え、ザスパ群馬

改称しても、違和感は無い。

さて、ここで、

山形「んだドーム」について、

久しぶりに触れる。




信越化学の決算発表と同日である

2023年4月27日のモンテディオ山形の

決算報告会見の席上、社長からは

と言う発言に変わっている。

更にNHK山形のニュース

(すぐ消えそうで怖いが)では、

原材料価格の高騰影響も

受けていると報じている。
 
 
この状況下で、カインズ、および、

ベイシアグループのお金とスピード

群馬の2度目は2029年

ともされる国民体育大会

(いわゆる、国体。今後、

 国民スポーツ大会に改称予定)に

間に合いますかね?

もし、信越化学工業主導となった時、


となるかもしれないが、

そこは、JR磯部駅の目の前。

上述、純利益7000億円企業、


の企業にとって、100億円は

1年の加速償却ありありの世界。

無論、今は存在しない、磯部駅で

高崎駅方面へJR電車を折り返す設備、

更に、湘南新宿ラインなどで走っている

10両編成★への再対応する改修なんかも

充分賄えるであろうお金。

改めて、世界を変えません?
 ★1997年半ばまで、
  最長11両編成が停車していた履歴あり。
 
高速道路が若干遠いが、
 
路線バスに頼る必要は無くなる
 
本日、繰り広げられるであろう、

前節まで、J2で最もフェアプレイ同士の対戦を前に
 
こんな夢、見たくないですか?
 
<関連リンク集>
んだドーム

当ブログ、過去記事