もうちょっと年末に書こうかと思ったんだが、

タイトルの通り、今夜(2022/12/23)JST19時、


早々であるが2022ザスパを締める。

その対象であるが…

ギリギリJ2残留と言う結果となったからこそ、

1点だけ、2022ザスパを振り返りたい事項がある。
 
それは…
 
 


この記事を書いた時に
「かなり嫌な予感」がした。
それが、激しく、当たった(正直、自己申告)

あらためて、当時の記事へRichリンクを張り



岩上選手には大変恐縮な話であるんだけど、

コーナーキック直接ゴールの1点で

お得意としてるアウェイ岡山で勝てた

これが転落転換点になると思った。

甘えとか、そういう話でも無く、

本気で無根拠の自己申告なんですが、

「嫌な予感がした」んだよ。


(当時:盛岡2試合、〇宮と山形が各1試合未消化)。

その先、11試合で拾えた勝ち点が僅か1


次に勝てたのが28節アウェイ山形と言う状況

(Jリーグ節別動向、17-23節24節ー31節
 
で、更に悪いことに、この時期に前後して、

#いしいしゃちょー(リンク略)のツイッター

に誰が何を書いたか知らないけど、

ダンマリになっちゃったでしょ。

それらを総評して、2022年は

3歩進んで2歩下がった1年

と称して、ザスパネタは締めたいと思う。
 
 
あ、追記、

大槻「組長」を手放す誘導は禁物で。