新たなサブカテゴリ追加を行った

ホームグロウン選手未達の件であるが、

その改善は「最短5年」では?と予想した

所以について、触れておく。
 
改めて、8月27日の記事で触れていたが… 
群馬で、いわゆるU-18(高校世代)の

3年間ザスパ所属要件でのホームグロウンは

前橋育英・桐生第一の東日本プレミア勢◆、
 ◆両校ともプレミアリーグ参戦開始は
  本年度(2022年度)のため、厳密には
  「プレミアに手が届く」レベル。無論、
  国外を含め多くのスカウトが目に留める。

そこに、全国高校サッカーの県予選で絡んで来る

共愛・健大高崎・新島学園の盛り上がりからすれば

「あと10年、ザスパは入り込めない」であろう。
 ★強いて、カギを挙げるなら、ザスパも会長に
  据えている一方、還暦は過ぎた前橋育英の
  山田監督について世代交代がどうなるか?
 
 
残るは「12歳+U-15の内3年で下部組織所属」か

「高卒3年間トップチーム所属」かなのだが、
 
2022年のザスパ全体収益を察すれば、

C契約(年間480万円以下)としても、

高卒の新卒で同一選手トップチーム

3年契約継続はキツイだろうね。
 
…と、なると、残るは

「12歳+U-15の内3年で下部組織所属」

しか無くなる。次回はここを触れる。