{奥州EyEs}の後半で「レア駅」とか

「(旅行なのに)朝7時からディーゼル

列車に乗った」とは触れていましたが、

 

久慈駅に行くには、二戸駅か盛岡駅から

長距離(高速)バス
で向かう手も有る。

 
 

ところが、小生の選択は…

 

5a3e7061.jpg

 

青森県の八戸まで新幹線で行って、

JR八戸線の完乗に拘った。

 

この理由は温泉に入りたかっただけでは無い。

 

098d3be9.jpg

 
 

上の写真でオレンジ色で矢印を付した部分、

JR八戸線に種市(たねいち)★と言う駅が有る。

 ★今は、岩手県九戸郡洋野町の種市

 

2013年にニコニコ町会議も来たようだが、

種市駅前に種市地域のシンボルキャラクター

「ダイちゃん」が鎮座している。

手にウニを持ったダイバーなのだ。

ブログを始める前となる2002年に

東北新幹線が八戸まで開業した際、

八戸線に乗って、スケジュール上、

偶然、折り返すこととした駅で

当時は電動でグルグル回っていた

ものだから

ついついウケ過ぎて卒倒

してしまったキャラクターなのだ。

 

そう、{奥州EyEs}を切っ掛けに

 

この「ダイちゃん」に

再び会いたかったのだ。

 
 

と言うのは、半分の理由。

 
 

結構、忘れ去られているかもしれないが、

JR八戸線も東日本大震災で

線路が流された区間が有る。

 

復活運行に就く車両には、

大地震発生時の行動指針、

津波避難場所の掲示や、

避難はしごも準備された。

 

忘れてはいけないが、

 

種市も被災地だ。

 

 

<ところで>

JR八戸線で乗ったディーゼル車が

偶然、国鉄色3両で、別名「タラコ」色と言う。

  

<参考>

ひろのだより←「だいちゃん」関連

テレビ岩手、震災復興ポータル記事
 ※「24時間テレビ」より「番屋」を贈呈

Web東奥記事(タラコ色について)