まず、前日【大至急】を呼び掛けた

auの折り畳み携帯向け料金プランの件だが、

公表日を含め3日間で新規受付終了自体も

総務省・消費者庁・場合によっては

公取委が睨んでる筈の「忘却商法」

該当する気がして止まないのだが、

(ハズレかもしれないが)

更に以下の点が悪質だと思う。
 
 



基本料金の「カケホ」or「スーパーカケホ」に

パケット料金オプションの「ダブル定額」or

「ダブル定額Z(月額ゼロ円から)」を

後付けしようとした時、2019年12月25日での

新規受付終了を理由に断るケース。 
 ★これがハズレでも、この発表の範囲で
  穴ポコ色々ありそうなんだが…
 
一見、無さげなケースに見えるんだが、

ダブル定額(Z付き含む)方の

パケット通信の料金割引はオプションだろ。

そこを公表日含め僅か3日でバッサリ...

改めて忘却商法だろ、これ。
  
 
 
それと共に、丁度、2019の

ブラック企業大賞が発表されたようで
 
史上初のM菱電機2連覇、

連覇以前の2度目の大賞も史上初
と言う結果となったが、

ココにヒソーリとノミネート

されていたのがau(KDDI)。
 
 
でも、このノミネート理由勘所を、

ブラック企業大賞の事務局も誤解していないか?

事務局は2015事案→2017労基署→2019公表

と言う長期間をノミネート理由に据えているのだが、

小生の勘所は、その公表日


ん?と思うが、カレンダーを良く見て欲しい。

2019年3月29日は金曜日だ。

年度末最終営業日。これが全て。

そこで不祥事公表しても、

跡が残りにくい日を狙ってる。
 
 
今回のau料金プランの公表日。

2019年12月23日、

現行料金プランの新規受付終了日

2019年12月25日。

こんなクソ忙しい時期に

料金プランに気が回る市民、

ドンタケ居る?問題はそこだ。


<ご報告>



個人的に済みです。

(リンク先は各地の連絡先)