とりあえず、県警本部に1セットか。
 
そして、過去からの定置式、および、

ハイエース車載式オービスとの違いについて。
  
まず、初めに

いわゆる「青きっぷ」の速度超過でも

バンバン赤外線フラッシュ焚かれて出頭命令。
 
過去のオービスでは、最高裁判所の判例により、

いわゆる「赤きっぷ(≒前科が付く犯罪)」の

速度★しか取り締まり対象にならなかったが
 ★一般道30km/h、高速道路40km/h以上

今回、ここも覆ってくる。

裁判で争う選択肢も有りうるが、
近隣他県では数年前から導入済みで
目立った裁判は起きていない認識で居る。
 
裁判と言えば、過去のオービスでは
「この先、自動速度取り締まり機有り」
と言った看板が当たり前だったんだが、
新型は無い可能性もある(ここは地域に拠るらしい)

で、今回の群馬県警本部での1台は
チョット重いけど、手持ち搬入も可能なタイプ。
報道写真に拠れば、大き目の三脚で歩道設置も可能。

改めて、その場で停止は求められないが、
警察署等に呼び出されてしまう。

速度超過、無理しない
方が良さそうです。
 
 
<公開前、追記>
初めての設置個所として公開された
前橋市下新田町は利根川にほど近い、
南北方向の道(の北行き?)なようです。

某匿名掲示板でも、いわゆる長瀞線(旧道)の
裏道とあったが「その通り」だいね。