30日、束目木の新幹線が東京駅で

ブレーキ緩まずトラブルによって、

帰省客が溢れかえったが、

年始は2日に金沢で

ポイント故障が起きた。

これら2件であるが…

始終点の全運行に

拘り過ぎてない?

って観点が無かろうか。

特に2018年末の東京駅の方。

普段は在来線区間しか走らない

「とれいゆつばさ」車両で運行された

「つばさ99号」が所定の上野ではなく、

大宮発に変わったのは聞いてたが、



上野駅での折り返しが

もっと増えるかと思った。

なお、束目木の東京~上野~大宮間、

東海の品川~東京間で区間運休した場合は

特急料金の払い戻し対象は

「差額だけ」になる旨、

両社から謳われているので

御注意を(直上両リンク)。


〈公開前追記〉
年始の顰蹙に残ってた、東京駅激混み予告
IMG_4676